”ピラティス”と”ヨガ”の違いとは

ヨガとピラティスはよく比較されます。

 

「どちらも未経験なので、どれから始めればいいか分からない・・・」
という方も多くいらしゃいます。

 

目的が違えば、選ぶエクササイズも違ってくると思いますので、
今回は、ヨガとピラティスのそれぞれの特徴・違いについて紹介していこうと思います。

 

ヨガは、インドの修行法が発祥です。
ヨガのエクササイズ面での大きな特徴のひとつは、柔軟性があがること。
血行が良くなって無駄な脂肪が減ってダイエット効果もあり、
関節への負担が減ってケガの予防になったりもします。

 

メンタルケアもヨガの一部ですので、リラックス効果を得る事もできます。
うつ病や更年期障害に改善が見られるという報告もあり、近年注目が高まっています。
種類も豊富でスタジオがたくさんあるため、通いやすいのもヨガのいいところです。

 

一方ピラティスは、元々はリハビリのために考案されたエクササイズです。
大きな特徴のひとつに、体の奥の筋肉から鍛える体作りに重点が置かれているため、
インナーマッスルを効率的に鍛えられることがあります。
より効率的に骨盤や身体の歪みを矯正していく効果もあります。

 

ヨガとピラティスは、その発祥が全く異なります。
ヨガとピラティスの主な違いをまとめると、
ヨガは、精神を統一し心を落ち着かせて、リラックスさせることに重点が置かれ、
ピラティスでは、インナーマッスルを鍛えて、痩せやすい体を作ることに重点が置かれます。

 

ピラティスとヨガでは、目的と方法に違いがあるので、
自分の好みや目的に合わせて選びましょう。

 

ヨガとピラティス、どちらも継続することでダイエット効果が期待でき、
健康的な身体を作っていけますので、興味のあるものをぜひ試してみてください。